家は掃除次第で築15年でもキレイなまま

家づくりをしてマイホームを建てた先輩として、これから新築マイホームを建てるみなさんにアドバイスしたいことはといえば、「家はキレイに使っていれば、15年経ってもキレイなままだぞー!」ということですね。

いや、私の家ではないのですが、友人宅は築15年経ってもとてもキレイな状態ですから。壁紙が剥がれてきたり、プラスチック製のところが日焼けしていたりと、経年劣化は仕方がないとしましても、それ以外のところがとても築15年には思えないほどのキレイさなのですよね。

たとえばフローリングにしましても、子供が二人いるわが家とは状態がとても違いますから。傷なんてほとんどないですからね。聞けば、定期的にワックスを塗り直しているということで。わが家なんて築10年で1度だけワックスを自分たちで塗ったっきりです。

それにトイレやバスルームにしましても、友人の「こまめな掃除」の力もあってとてもキレイな状態です。友人曰く、やはり「こまめな掃除」が大事だそうで。子どものいるいないもあるでしょうけど、家にしてもやりようによっては長持ちするなーと思いました。教訓を生かそうにも、わが家では遅いように思いますが。