エアコンが不要な家が一番

家の中に住んでいると、とても快適と思えるのは一番は快適な温度であるということです。その快適な温度というのは、人工的な感じではなく家自体が快適に過ごすことができる温度にしているというところが一番です。

新しく新築をした時に、真っ先に感じたこととしてあったかいと感じました。冬だったので、そのことを親身に感じることができたのです。自宅に帰ってきた時にまずしていたことはエアコンを入れるということでした。その結果、乾燥するので加湿器も必要です。そんなことをしていたら電気代が、跳ね上がってしまったのです。これではいけない、今度の家は暖房器具が必要ない家がいいと思ったのでした。

そして念願の暖房器具を使う事がない家となっています。実家が寒いので、自宅に帰りたいそんな家となっているんです。以前は実家が天国でした。今は自分の家が天国です。そのように思えるのは、高断熱だからです。住むごとにそのことについて、良かったと実感しています。